スマホの充電の差し込み口の修理費用はいくら?修理日数や依頼前の注意点を解説

  • 充電器のケーブルを差し込んでも充電できない
  • スマホの充電の差し込み口が緩んでいる

 

充電器のUSBケーブル(iPhoneの場合はlighteningケーブル)は買い替えるだけで済みます。

ですが、充電コネクタに問題があると、USBケーブルを買い替えても充電ができません。

そのため、修理交換が必要です。メーカーや契約しているキャリアに修理交換を依頼する必要があるのです。

そこでこの記事では、スマホの充電の差し込み口の修理費用や修理日数について解説します。

スマホの充電の差し込み口は修理費用は端末や保証の有無によって変わる

スマホDoC盛岡店ではiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレットなど実績豊富な担当員があなたの大切な端末を最短即日で修理いたします。

スマホの充電ができない、途中で充電しなくなる等。

スマホDoCではこれらの修理に対応しておりますので、水没や画面の破損、その他修理についても一度ご相談ください。

スマホDoC盛岡店の修理対応機種はこちら

岩手で修理実績多数!緊急時にはスマホDoC盛岡店にお任せ!

スマホの充電の差し込み口はパーツの修理、交換が発生しますが、修理する端末や保証の有無によって大きく異なります。

スマホの充電の差し込み口の状況や、修理か交換のどのように対応するかで費用も変わってきます。

一概には「修理費用は〇〇円」を決めることはできませんが、概ね5000円から1万円程度が平均です。

ただし、保証のない場合は修理費用が50,000円を超えることもあります。あまりにも高額になる場合は、スマホの買い換えも視野に入れておきましょう。

以下では、保証サービスを使った場合の修理費用と使わない場合の修理費用について解説します。

保証サービスを使った修理費用は10,000円前後

保証サービスを使った場合の修理費用は概ね10,000前後になります。auやdocomo、SoftBankmにはそれぞれ保証サービスを提供しており、修理費用がサポートされるシステムです。

キャリア サポート
au 故障紛失サポート
docomo 修理代金サポート
SoftBank あんしん保証パック

 

これらの保証に入っている場合は10,000前後で修理を依頼できます。

 

保証サービスがない場合の修理費用は実費修理

保証サービスのない場合の実費修理となりサポートを受けられません。

例えば、ソフトバンクの例であげると、保証に入っていないスマホの修理については最大で54,000円かかります。

スマホの充電の差し込み口の修理で54,000円も修理費用がかかることは考えにくいですが、実費だと数万円は確実に超えるため、乗り換えを検討した方がいい場合もあります。

スマホの充電の差し込み口の修理日数は1週間〜2週間

スマホの充電の差し込み口の修理日数は1週間〜2週間かかります。

特にメーカー修理の場合は時間がかかります。

また、代替機のレンタルがない店舗もほとんどです。

その理由について以下で詳しく解説します。

パーツの取寄せや修理に時間がかかる

メーカーの場合は店舗預かり、メーカー修理依頼、メーカーから店舗に発送、店舗受け取りとなるため時間がかかります。

また、パーツがない場合は発注にも時間がかかります。家電量販店に併設された携帯ショップなどに依頼した場合、一旦各通信事業者の窓口に集められてからメーカーに送られるのでさらに時間がかかります。

基本的には1週間程度で修理が完了しますが、長ければ2週間を超えることもあります。

これはメーカーに修理を依頼する場合ですが、民間の修理業者に依頼する場合は最短即日から3日程度で修理・交換が完了するところもあります。

民間の修理業者はメーカーを介さないためスピーディーな修理が可能です。パーツがない場合は取り寄せが発生しますが、それでもメーカー修理より早いのが特徴です。

もしも修理日数をかけたくない場合は、民間の修理業者の利用も検討してみましょう。

代替機のレンタルは有料

スマホの充電の差し込み口の修理は長くて1週間から2週間かかりますが、代替機のレンタルは有料になります。

例えば、docomoでは代替機のレンタルに2,200円かかります。

そのため、修理費用とプラスして代替機の費用がかかることを頭に入れておきましょう。

参考:修理期間中の代替機利用について | お客様サポート | NTTドコモ

修理を依頼する前にバックアップをとっておこう

修理を依頼する前には必ずバックアップを取っておきましょう。

というのも、修理内容や依頼先によっては初期化される場合があります。

例えばiPhoneだと、修理を依頼すると初期化されて返ってきます。これはiPhoneは修理ではなく、本体そのものを交換するからです。

初期化されるとデータが消えてしまうために修理を出す前にバックアップを必ず行っておきましょう。

まとめ

この記事では、スマホの充電の差し込み口の修理費用や修理日数、代替機のレンタルの有無などを解説しました。

スマホの充電の差し込み口の修理費用は保証がある場合は10,000円前後、保証がない場合は10,000円から54,000円以上かかる場合があります。

修理期間はメーカーに依頼した場合、1週間から2週間かかりますが、民間の修理業者に依頼する場合は最短で即日から3日程度です。ただし、パーツがない場合はそれ以上の期間を有する場合がありますので、注意してください。

Follow me!