iPhoneを落としたら電源がつかなくなった!その原因と3つの対処法を解説

  • iPhone落として電源つかない
  • 今すぐに電源をつける方法があるのか
  • 修理するならどこに依頼すればいいのか?

iPhoneを落とし、その衝撃で電源がつかなくなり、困っている方もおられるのではないでしょうか。

iPhoneに限らず、スマホは精密機械になるため、衝撃には弱いです。そのため、iPhoneをおとして電源がつかない場合は故障している可能性があります。

今回はiPhoneを落とした時に電源がつかない原因や対処法について解説します。

iPhoneを落とした時に電源がつかないのは部品や基盤の故障が原因

iPhoneを落としてしまい、電源がつかない場合は、部品や基盤が故障している可能性がああります。

具体的には以下のパーツが故障している可能性があります。

  • 基盤の破損
  • バッテリーの故障
  • 液晶画面の故障

iPhoneが落下の衝撃によりこれらの部品が壊れた場合は電源がつかない、もしくは電源がついていても画面が映りません。

特に基盤が破損した場合は動作不良や基盤に繋がっているコネクタが外れたりと基本的な動作が一切できなくなります。

この場合は早急に修理しなければなりません。

iPhoneを落とした時に電源がつかない時の対処法

スマホDoC盛岡店ではiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレットなど実績豊富な担当員があなたの大切な端末を最短即日で修理いたします。

スマホ落下により、画面の表示がおかしくなった、操作できない、電源入らない。

スマホDoC盛岡店ではこれらの修理に対応しておりますので、水没や画面の破損、その他修理についても一度ご相談ください。

スマホDoCの修理対応機種はこちら

岩手で修理実績多数!緊急時にはスマホDoC盛岡店にお任せ!

落としたiPhoneの電源がつかない場合は以下3つの対処法を試してみましょう。

  • 再起動を実施する
  • 充電してみる
  • DFUモードで初期化する

上記の方法を試してみましょう。これで電源がついた場合は、すぐにバックアップを取りましょう。

一時的に電源がつく可能性もありますが、動作不良や画面が映らなくなるなどのトラブルが予想されます。

また、iPhoneの内部の修理を行う場合、修理の過程でデータが消える場合があります。修理後は初期化され、手元に戻ってくることもあるので必ずバックアップをとっておきましょう。

バックアップの方法は以下の記事を参考にしてください。

iCloud で iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法

再起動を実施する

電源がつかない、または画面が固まったまま動かない場合にはiPhoneを再起動しましょう。以下の手順は再起動できるので、一度試してみてください。

機種 再起動方法
iPhone8、iPhone8Plus、iPhoneX以降 ボリュームボタン(+)ボリュームボタン(-)それぞれ短く1回押す

電源ボタンを長押しする

iPhone7、iPhone7Plus ボリュームボタン(-)と電源ボタンを同時に長押し
iPhone6s,iPhone6sPlus ホームボタンと電源ボタンを同時に長押し

これを試してみてiPhoneの電源がついたら、すぐにバックアップを行います。データをバックアップできたら修理を依頼しましょう。

充電してみる

充電してみて、電源がつくか確認してみましょう。
単に充電がなかった可能性があります。一度充電してみて起動する確認しましょう。

起動する気配がないのであれば、バッテリーやその他部品が破損している可能性があります。

その場合は、修理や交換が必要になります。

DFUモードで初期化する

iPhoneに電源が入らない場合はDFUモードでiPhoneを初期化してみましょう。

DFUはデバイス・ファームウェア・アップデートの頭文字で、IOSを更新・復元することです。

iPhoneの電源がつかない場合、初期化を行うことでプログラムが破損している場合に復元できる可能性があります。

手順を解説します。

最新のiTunesが入ったパソコンにUSBケーブルでiPhoneを接続し、再起動と同様にボタン長押しするとリカバリーモードになります。再起動については「再起動を実施する」で解説した内容を参考にしてください。

iTunesがリカバリーモードのiPhoneを認識すれば、画面に表示される手順にそって初期を行います。

初期化が完了すると電源がつく場合もありますが、この方法を試しても戻らない場合は、基盤やバッテリーに原因がある可能性が高いので修理が必要です。

iPhoneの修理手順

iPhoneの修理手順は「保証に入っている」と「保証に入っていない」場合で変わります。
以下で詳しく解説します。

保証に入っている場合はサポートセンターに電話して修理を依頼

Apple社の保証サービス「Apple care+」に加入している場合は、11,800円(税別)で修理を依頼できます。

Appleのサポートセンターに電話、もしくはインターネットで修理を依頼しましょう。

auやdocomo、SoftBankの保証サービスに加入している場合も10,000円前後で修理を依頼できます。

保証外でも修理を依頼することは可能ですが、画面修理だけで20,000円〜40,000円程度かかります。

また、基盤修理が入る場合は50,000~80,000円かかるので総額で12万円を超えてしまいます。

その場合は買い替えを検討した方がいいでしょう。

保証に入っていない場合は民間の修理業者の利用がおすすめ

保証に入っていない場合は民間の修理店がおすすめです。民間の修理業者は修理が早く、費用も比較的リーズナブルです。

例えば、スマホやタブレット修理を専門で行う「スマホDoC盛岡店」では、iPhone11の画面修理を18,000円で対応しています。

ちなみにAppleに修理を依頼する場合は23,980円になるので、5,000円ほどやすいです。

また、Appleに修理を依頼する場合は最大で1週間程度かかりますが、「スマホDoC盛岡店」では最短即日でお渡しできます。

基盤の修理についても同様で、Appleに保証なしで修理を依頼する場合よりも費用は安いです。

民間の修理業者は修理が早く料金も安いので、iPhoneの修理費用を少しでも安くしたいなら民間の修理業者に依頼するのがベストです。

まとめ

この記事では、iPhoneを落として電源がつかなくなったその理由と対処法、修理方法を解説しました。

まずは、以下3つの対処法を試し、電源がつくか確認してみましょう。

  • 再起動を実施する
  • 充電してみる
  • DFUモードで初期化する

これで電源がついた場合はすぐにバックアップを取り、修理を依頼しましょう。

保証がある場合はAppleやキャリアに修理を依頼するのがベストです。ただし、保証に入っていない場合はメーカーやキャリアに修理を依頼すると費用が高くなります。

費用を抑えたい方は民間の業者に依頼するのがベストです。

Follow me!